spot_img
ニュース|イスラム協力機構|UAE国連大使、ロヒンギャの人権保護を訴える

|イスラム協力機構|UAE国連大使、ロヒンギャの人権保護を訴える

【ジュネーブWAM】

アラブ首長国連邦(UAE)のオバイド・サレム・アル・ザービ大使(ジュネーブ国連常駐代表)は、「UAE政府は、ミャンマーで進行しているロヒンギャに対する人権侵害(殺人、脅迫、強制退去、家屋や村の放火)を非難する。」と語った。

ビルマにおける人権状況について協議するために28日にジュネーブで開催されたイスラム協力機構(OIC:1969年設立。イスラム諸国57カ国で構成)大使級会合に出席したザービ大使は、「UAEは、OICのイニシャチブ支援を通じてミャンマーにおけるロヒンギャ迫害を止めさせ、彼らの権利を保護するための措置を講じるよう、率先して国際社会に対し強く訴えかけてきました。また、UAEは、国連人権委員会に対してロヒンギャが直面している人権状況を協議する臨時会合の開催を呼びかけています。」と語った。

 同OIC大使級会合では、アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官が、ビルマにおけるロヒンギャの人道的状況に関するプレゼンテーションを行った。

またザービ大使は、ビルマにおけるロヒンギャ迫害問題について調査する委員会を設置し、同国に特使を派遣するとしたOIC第4回臨時首脳会合(8月14日~15日:メッカ)の決定を支持すると語った。(原文へ

翻訳=IPS Japan

関連記事:
ビルマで少数派ムスリムの民族浄化か?
情報不足で困難に陥る難民支援
|国連|信仰が危機状況に希望をもたらす

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken