spot_img
ニュース|UAE|ドバイ首長、ラマダン月を迎えて554人の囚人に恩赦を与える

|UAE|ドバイ首長、ラマダン月を迎えて554人の囚人に恩赦を与える

【ドバイWAM】

アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領でドバイ首長のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下は、ドバイ各地の刑務所から554人の囚人(内、93人がUAE国籍)を釈放するよう命じた。

この情け深い措置は、慈悲と赦しの月であるラマダン(今年は7月20日~)の到来に合わせて実施されたものである。

ドバイ首長国のイサム・イーサ・アル・フマイダン司法長官は、「恩赦は、ムハンマド首長が、釈放された囚人たちに、今一度社会生活に復帰する機会を与えることで、過去の過ちを正し、社会の高潔な一員として家族やコミュニティーに善意を尽くす新たな人生を歩んでもらいたいとの気持ちを反映したものです。」と語った。

 「この寛大な措置は、囚人たちにとって、まともな人生を再出発させるまたとない機会であり、まさに聖なるラマダン月を迎えて、彼らの家族にも幸せをもたらすものとなるでしょう。」とフマイダン長官は付加えた。

ドバイ検察庁は、既にムハンマド首長の布告を実施に移す準備に着手している。(原文へ

翻訳=IPS Japan戸田千鶴

関連記事:
慈善家の寄付で多くの囚人が釈放される
英国首相、ラマダンに際してムスリムにメッセージを送る。
イスラムの尊重を掲げるベルギー

最新情報

「共和国の日」レセプション

「核兵器なき世界への連帯―勇気と希望の選択」展

第7回世界伝統宗教指導者会議(インタビュー)

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken