spot_img
ニュースなぜ公的開発銀行の約束に対して慎重であるべきか。ブラジルの事例

なぜ公的開発銀行の約束に対して慎重であるべきか。ブラジルの事例

【ブラジリアIDN=イアラ・ピエトリコフスキー】

世界から450以上の公的開発銀行(PDBs)が参加してローマで開催された第2回開発銀行サミット(Finance in Common Summit:主要テーマ:農業とアグリビジネス)に際して、ブラジルの市民社会の代表らが、公共機関であるPDBsが、アグリビジネスによって引き起こされている先住民や地域住民の土地収奪や生態系の破壊を促進する、世界的な金融構造の一部を担っている現実を告発した記事。(原文へ

INPS Japan

関連記事:

世界食糧システムサミットは、企業ではなく農民や民衆の権利を認める必要がある、と活動家ら

最新情報

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken