spot_img
地域アフリカ|UAE|外相がトリポリで発生したフランス大使館テロ攻撃を非難

|UAE|外相がトリポリで発生したフランス大使館テロ攻撃を非難

【アブダビWAM=4月24日】


 アラブ首長国連邦(UAE)のシェイク・アブダッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン外務大臣は、4月23日にリビアのフランス大使館を標的にした爆弾テロ事件を強く非難するとともに、テロ行為に毅然と対峙するフランスとの連帯を表明した。
 

23日午前7時頃、首都トリポリにあるフランス大使館の近くで自動車爆弾が爆発し、フランス人警備担当者2人と近くの家にいた少女が負傷した。大使館の建物も大きく損壊した。

アブダッラー外相は声明の中で、「UAEは、今回のテロ事件の実行犯と犯罪行為を非難するとともに、国際社会は、犯行の動機や起源に関わらず、あらゆるテロ行為に毅然と対峙し、立ち向かっていく必要性を強調する。」と述べた。


 またアブダッラー外相は、負傷した大使館スタッフの早期回復を祈念するとともに、(カダフィ独裁体制崩壊後の)歴史的な過渡期にあって、治安の確立に努めているリビア政府に対する支援を再確認した。

翻訳=IPS Japan

関連記事:

|リビア|「依然として不安定な状況が続いている」とUAE紙

|リビア|「米国領事館への攻撃事件は嘆くべきこと」とUAE紙

│リビア│新しい旗の下でもつづく昔のやり方

最新情報

第7回世界伝統宗教指導者会議

NPT再検討会議:関連行事(核の先制不使用)

NPT再検討会議:広島県知事、カザフ大使訪問

NPT再検討会議:被爆者証言

NPT再検討会議:SGIインタビュー

2022 ICAN FORUM in Vienna

パートナー

client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
client-image
Toda Peace Institute
client-image
Kazinform

書籍紹介

client-image
client-image
seijikanojoken